Updates from October, 2013 Toggle Comment Threads | Keyboard Shortcuts

  • lightkarasu 12:31 am on October 3, 2013 Permalink | Reply  

    ケッシイ財団の技術 

    “ケッシイ財団の技術”

    日本は既にケッシイ財団の技術を受け取ったと財団のホームページに掲載されています。 安倍総理に情報を公開し、原発事故処理、フリーエネルギー開発に最優先で取り組むよう、メッセージを送って下さい。 → 首相官邸HP ご意見募集(国政に関するご意見・ご要望) https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

    Advertisements
     
    • lightkarasu 12:52 am on October 3, 2013 Permalink | Reply

      今日も https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html にメッセージを送りました。毎日送っております。原子力汚染の拡大は日本民族だけの問題だけではありません。今日、知人の生後5日目の新生児に対面しました。五体満足の立派な男の子でした。この子が21世紀の終わりまで、生存できる可能性があるのか、と想像するとちょっぴり羨ましかったけれど、同時に、わたしたち大人の責任の重さを再認識させられました。

    • oriharu 5:51 pm on December 14, 2013 Permalink | Reply

      私もこのフリエネ情報が本当なら良いと思うのですが、偽情報である可能性があると思っているので、以下に述べてみます。「嘘に真剣に付き合わされたらたまらない」と思う念からであり、決して真実を隠すとかその種の意図はありません。

      これは別のブログ
      http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2013/09/post_2742.html?cid=56665486
      でも述べた内容です。

      米軍の無人偵察攻撃機プレデターがイランの情報電波操作による強制着陸により無傷で捕獲されてしまい、米軍のメンツが潰れたかと思いきや、今度は米軍製の三角UFO「TR3B」を繰り出してイランを爆撃したそうです。
      http://quasimoto.exblog.jp/i12/3/
      http://blog.livedoor.jp/youdie0318-777/archives/1352201.html
      http://blog.livedoor.jp/isam21/archives/cat_50094860.html
      http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1617726.html
      すると、今度はイランの科学者がイラン製のUFOについて世界各国を相手に「真実を受け取って下さい(=イランが一番知っているぞ)」と始めました。Keshe Foundationですね。
      http://www.keshefoundation.org/
      タイミング的にこのようなシリーズとなって見えます。
      何が本当なのか?どこまでが本当なのか?というところでしょう。

      • lightkarasu 8:52 am on December 17, 2013 Permalink | Reply

        oriharuさん、

        どうも初めまして、よろしく。 日本語の挨拶むつかしいな。

        何が本当なのか?どこまでが本当なのか? とあなたも頭がクラクラしたきたようですね。
        そう、世界の舞台で踊っているのは今や詐欺師ばっかり。つい最近わたしなど、”死ぬ死ぬ”詐欺に引っかかり大変な目に遭いました。疑い、懐疑主義を捨ててはこの世は生きては行けません。大いに疑いましょう。わたしなど今や、愛妻どころか、愛ネコのスッちゃんとクッちゃん以外信じておりません。

        ところで、今日、BBCのニュ-ス読んで、吹き出してしまいました。イランが月へ猿を送った? 旧式ロケット飛ばして月面着陸させ、宇宙服着せた猿を月面上を歩かせた。そして、無事地球に帰還させたとさ.。話は続きがありまして、世界中の人が、あのイランの猿の顔が可笑しい、きっと偽物だ、と疑ったので、イランは、今度はペルシャネコをロケットに乗せて, 再度月に打ち込んだ、ということなのですが、この話、あなたは、信じます? イラン人はチェスゲームが三度のメシより好きですからね〜。 かれらは、いつもうふふ、と腹の中で、音も立てずに笑っている。日本人のわたしは、かれが大好きです。疑い深いが、ユーモアあって、太っ腹です。

        ところで、Dr William Mountさんて何者です?、元記事:Secret Newsって如何にもッて感じですが、イランが米無人スパイ機ドロンを無傷で捕獲した数日後の攻撃で、イランの軍もテレビ局もまだドロン捕獲の一件を公に発表する前ですので、少し早過ぎると思いますが。Dr William Mountのバックグランドをチエックすべきです。
        Kesheはケッシュではなく。ケッシイです、二人のイラン人から確認ずみです。

        • lightkarasu 5:40 am on December 18, 2013 Permalink

          oriharuさん、

          わたしは、舌足らずなもので、度々誤解を招いてしまいます。もう少し、あなたのコメントに対して、捕捉させて下さい。たいへん大事な事です。

          愛ネコ以外信じていない、などと言うと病的な人間嫌いと思われそうですが、そうではなく、”自然を愛している” ということを少し皮肉を含めて象徴的に云ってみただけです.
          今のグローバル相を見ておりますと、実にウンザリさせられます。皮肉か、冗談でもいいたくなります。

          いつのまにか、人間様は、「宇宙の真理」という言葉を完全に消却してしまったようです。誰の口からもでてこなくなった。 科学者からも、芸術家からも、宗教家からさえも、ましてや政治家の口からも、この言葉を発言しない。 いつから『真理」は死語になってしまったのでしょうか。人は『真理」を語ることに恐怖を抱いている様にさえ見えます。これは誰かの陰謀? それとも、哲学者や科学者の怠慢か? 

          そうです、人間様一同の堕落が原因です。

          続きは、たぶん明日ということで、御免なさい。

        • oriharu 4:33 pm on December 21, 2013 Permalink

          いえいえ、こちらも舌足らずで、お返事が遅れてしまいました。
          私はてっきり「ケッシュ」かと思っていました。正しくは「ケッシィ」でしたか。
          でも、最初が肝心ですからね。多くの人が「米軍とイランの面目争い」という側面が存在する可能性を知った上で個々人がケッシイ財団のことを判断しなくちゃ、と思った訳です。

          「宇宙の真理」なんておっしゃるlightkarasuさんは地球に大勢転生してきているという宇宙人の一人ではないかと、そのような可能性は高いと思います。普通の人の場合は、シカトして終わりますが、lightkarasuさんはちゃんと返信をくれましたからね。「善良パワー」をベジータのスカウターで見れば41,000くらいあるかも!?

          私は最近、「魔法の輪」にかかりっきりです。
          http://oriharu.net/jWitchcraft_is_4DTechnology.htm

          このような方面にもご興味がおありではないかと思いまして、言及しました。

    • lightkarasu 8:38 am on December 24, 2013 Permalink | Reply

      oriharuさん、

      あなたのサイトは、じつに難解ですが、大変興味深く拝見しました。あなたは読書家ですね、おのれの価値を常に磨いておられることに敬服します. 唯一つだけ、あなたのサイトで感覚的な不快さを
      感じたことを正直に告白しておきます。文字を追っているうちに、すぐ両眼が疲れて涙が出て読書が続けられません。その理由は色彩からくるものです。とくに、黄緑のバックグランドの上に紫ピンクの文字は、10秒以上は凝視できません。私は、もう一度、あなたのサイトに行き、ゆっくり落ち着いて読みたいのですが、黄緑のバックグランドや紫ピンクが恐ろしくて、敬遠してしまいます。 一度、思いきって白のバックグランドにま真黒か黒に近いグレイ文字、または黒いバックグランドに白に近いグレイ文字をつかってページをアツプグレイドしてみたらどうですか。私のアートサイト Secretmemory このHPは新しいものではありませんが、あなたにとって、参考になるものが見つかるかもしれません。
      色彩感覚は実に主観的なものなので、きぶんを害されたやもしれません、そうならばお許し下さい。

      Lightkarasu

      • oriharu359 12:16 pm on December 31, 2013 Permalink | Reply

        あれ?コメントが付いてましたね。たった今=2013.12.31 21:09頃に気付きました。今まで時々来ていましたが、その時に認識できなかったのかな? すみません、遅くなりました。その種の指摘については、かつて気付いた事があるので、次のURLの 3) を見て頂けたら、と願っています。
        http://oriharu.net/jbenri.htm

        まず、間違いないと思います。lightkarasuさんのディスプレイが「紫外線を出している」のが原因で目が疲れるからでしょう。

        私自身は自分のホームページを自分で作る以前から目が疲れており、ホームページを作った後も目が疲れていたのですが、紫外線カット用のシートをディスプレイに貼ってから「疲れなくなった」という経験した事実があります。

        • lightkarasu 11:28 am on January 1, 2014 Permalink

          TN方式であれVA、IPS方式であれ液晶パネル自体は発光していませんので紫外線は関係ありません。
          光っているのはバックライトと呼ばれる冷陰極管です。これは原理的に蛍光灯と同じものです。モニターから紫外線が出ているとすればこの蛍光灯によるものです。それもごくわずかで、コーテイングや素材を通すので、紫外線はほとんど眼には届かないそうです。
          色は物理的にも、大脳生理学的にも難しい、色は電磁波の網膜細胞受信/電信変換投映図脳機、この投映機がなければ、すわち頭脳がなければ、この世に色彩は存在しない。インターネット先生の解答で、恐縮します。あなたの頭脳が有る限り、この世に色彩があり、感情も生まれる。ということです。 黄緑色と紫ピンクの組み合わせって、完全なるコントラスト色だな。よしこの組み合せ色で作品を製作してみよう。

  • lightkarasu 6:33 am on October 1, 2013 Permalink | Reply  

    this is a test

     
  • lightkarasu 2:43 am on October 1, 2013 Permalink | Reply  

    This is a test again!

     
c
Compose new post
j
Next post/Next comment
k
Previous post/Previous comment
r
Reply
e
Edit
o
Show/Hide comments
t
Go to top
l
Go to login
h
Show/Hide help
shift + esc
Cancel