Updates from January, 2014 Toggle Comment Threads | Keyboard Shortcuts

  • lightkarasu 10:37 am on January 30, 2014 Permalink | Reply
    Tags: 第一回「日本の福島に捧げるワークショップ」は終了しました。   

    第一回「日本の福島に捧げるワークショップ」 

    第一回「日本の福島に捧げるワークショップ」は終了しました。

    –>

    2014/02/18


    「福島に捧げるワークショップ」で公開されたビデオにもとづき、土壌や水中から放射性物質を除去する実験レベルの作業手順を書き出しました。

    「ケシュ財団より福島へ捧げる放射能汚染除去技術」 YouTube:http://www.youtube.com/watch?v=VpQbGwqSGRg&feature=youtu.be

    土壌の放射性物質を除去する方法
    1)材料を用意する-錆びた釘、鉄の棒、ワイヤー(どんな物でもよい)、金属片、銅製のパイプ、金網など。錆びているほど、放射性物質を吸収しやすい。銅は錆びないが、様々な状態のものをミックスして必要な条件を作り出す。

    2)1)の材料をプラスティックの容器に入れる。苛性ソーダを振り掛け、熱湯を注ぐ。
    → これはナノ状態の酸化物が生成されるプロセスの一部。
    →1キロの苛性ソーダから少なくとも500kg (半トン) の必要物質が作り出せる。(ということは5kg の金属片なら、10gの苛性ソーダで良いということですよね?熱湯の量は浸せれば良いくらい?)

    3)蓋をして、最低でも24時間置いておく。

    4)出来る限り中身に直接触れないように注意して水をきる。

    5)別のプラスティック容器を用意する。電気を通しやすく、湿気のある環境を作る。(水を底に注ぐ)
    → 金網を底に置いて、4)で用意した金属片をその上に並べる
    → 金網に微弱な電流を流す。(5-10秒間)
    → 蓋をして、5-7時間置く
    → 同じ操作を3-4回繰り返す
    → このプロセスでナノレイヤーが生成される。
    ロシアではナノ物質で、汚染除去ができることを実証済み。だがナノ物質の簡単で安価な作り方が紹介されたのはこれが初めて。

    6)ナノコーティングされた金属片の出来上がり。使用するまで密封しておく必要がある。
    こうして出来上がった素材はヨーロッパの大学でテストされて、ナノ物質であると確認されてる。

    7)ナノ物質にはたくさんの穴や隙間があり、そこにはある特定の磁力と重力の場が作り出される。この金属片は特定の物質を引き寄せ、ナノ物質の穴や隙間に放射性物質が取り込まれる。

    8)放射性物質が混ざっている土を別の容器内に用意し、6)で出来上がった金属片を置いて水をかけて土壌を湿らせてから混ぜ合わせる。
    → 放射性物質と水が混ざっている状態を作る。放射性物質は水と一緒に洗い流され、土壌の線量が下げられる事を日本の科学者が実証しているが、洗い流した汚染水の処理が必要になる。ケッシュ技術を使えば、砂、土、水、どれにでも対応が可能。

    9)磁石のプレートを用いて、金属片を回収すれば放射性物質も一緒に土壌から除去される。(回収した金属片は東電に始末してもらう。)

    汚染水から放射性物質を除去する方法:
    10)同様にナノコーティングされた金網を使って、水中でこの網を引きずる作業を行う。各種放射性物質が土壌中と同じ原理で水中から取り除かれる。2~3回このプロセスを繰り返せば除染が完了する。これはとても効果的な方法であることがテスト済みである。

    *実際の作業にあたる際の注意事項は、上記YouTubeサイトに記載されています。実験前に必ず読み、安全上の注意を厳守して下さい。


    ……………………………………………………………………………………………
    ケッシュ財団新テクノロジーの情報を開示し、各国と協力して原発事故処理に最優先で取り組むよう、安倍総理にメッセージを送って下さい。 → 首相官邸HPご意見募集(国政に関するご意見・ご要望)


    「庶民の見方」Chizuko Ikeda

    ケッシュ支援者ネットワーク日本(KSNJ)ーホームに戻る

    Advertisements
     
    • lightkarasu 2:51 pm on January 30, 2014 Permalink | Reply

      ケッシュ博士の開発されてきた画期的な 新しい技術が、福島、はじめ被災地から疎開されている大勢の人達、 そして全ての日本人に、大いなる希望を、これから与えていくだろうことを期待したいと思います。そのためにも、今回ワークショップに参加された東大の渡辺 教授には、ケッシュ博士と世界の聴衆とで交わされた約束道理、今回初めて、福島除染のために公表されたケッシュ博士の新技術を、同大学の科学者グループで 是非とも検証し、その結果を公表して頂きたいと切に望みます。この望みは、ケッシュ博士による「福島に捧げるワークショップ」開催を支援してこられた全て の人達と共有していると確信しております。  それと、放射能被災地での農作物の出荷が、風評被害によりダメージを受けている話は良く聞きますので理解はしてます。しかし、偉大なるケッシュ技術が 実際に使用される前に、ケッシュ技術の宣伝だけが広まり、出荷に利用される逆風評被害が起らないように注意して頂きたいと思います。ひき続き第二回目の ワークショップ開催のため皆さんと共に頑張りましょう!

      今回のワークショップに参加された二人の日本の方とケッシユ博士(日本、福島に関する彼の情報源はNHKが主であることはほぼ間違いない)との、汚染に関する温度差の違いに、ケッシュは驚いたと思います。わたしが驚いているのですから...。

  • lightkarasu 8:44 am on January 29, 2014 Permalink | Reply
    Tags: 2014/01/29 「除染ワークショップ」がいよいよ配信です   

    「除染ワークショップ」がいよいよ配信です 

    「除染ワークショップ」がいよいよ配信です

    世界各国の科学者が注目する中、いよいよケッシュ財団による除染をテーマにした、「日本の福島に捧げるワークショップ」がライブ配信されます。ケッシュ技術が、その実用化にむけて具体的に公開されるのは、世界初ではないでしょうか。

    ワークショップでは、具体的な放射能汚染除去プロセスの日本語での説明ほか、各国の技術者や、日本の研究者などの参加が予定されています。セッションは三部に分かれていて全3時間半、世界に一斉配信されます。録画ビデオも後日、公開される予定です。 

    財団ではすでに「福島 (の問題) を最重要任務とした」と提言しました。今後も、この放射能汚染除去技術の指導を日本で積極的に推進して行こうと考えでいるようです。

    現地での除染の実現のためには、本当に多くの方々のさまざまなご協力が必要となってくると思います。引き続き、ご支援と情報の拡散をよろしくお願いいたします。

    ワークショップ・スケジュール:

    2014年1月30日(木)日本時間午後2時より

    日本語の配信はこちらから。
    http://www.ustream.tv/channel/keshe-japan

    <討論>「世界で解決すべき日本の放射能汚染問題」
    午後2時~午後3時 言語:英語  参加者:Keshe博士・世界各国からの科学者
    http://www.livestream.com/kesheworkshop (英語)
    http://www.ustream.tv/channel/keshe-japan  (日本語)

    「M.T Keshe 博士による、放射能汚染除去の方法のご説明」
    午後3時~4時
    日本語による字幕付き動画を配信
    <http://www.livestream.com/kesheworkshop

    <討論>「日本の食の安全のために私たちができること」
    午後4時~5時半 言語:日本語 
    http://www.livestream.com/kesheworkshop 
    (英語)
    http://www.ustream.tv/channel/keshe-japan  (日本語)
     

    ワークショップ用の日本語での質問は、こちらで受け付けてます。
    keshejapan@gmail.com
    —————————————-

    「庶民の見方」Chizuko Ikeda

    ケッシュ支援者ネットワーク日本(KSNJ)ーホームに戻る

     
  • lightkarasu 9:48 pm on January 27, 2014 Permalink | Reply
    Tags: 2014年1月26日 除染ワークショップ   

    除染ワークショップ

    元記事:Give the Cesium back to plant in Fukushima 01-26-2014
    スレッド:原発のプラント内にセシウムを送り返す へのケッシュ氏の投稿 
    2014年1月26日付

    第9回ワークショップで、いかに放射性物質を収集するか、そのプロセスを説明する準備が整った。その後、地元の農家のコミュニティーで、東電に連絡をしてそれを回収させる必要がある。

    —————————————————————————————————————————-

    元記事:MT Keshe replied to 9th Keshe Public Teaching Workshop 01-26-2014

    スレッド:第9回ワークショップ へのケッシュ氏の投稿 
    2014年1月26日付

    このセッションの全ては、ワークショップ後にケッシュ財団YouTube チャンネルにアップされる予定。

    「庶民の見方」Chizuko Ikeda

    ケッシュ支援者ネットワーク日本(KSNJ)ーホームに戻る

     
  • lightkarasu 6:58 pm on January 24, 2014 Permalink | Reply  

    【拡散のお願い】

    次回の、除染をテーマにした「福島に捧げるワークショップ」は、
    ライブで日本語訳もつけて配信されます。

    日程:2014年1月30日(木) 
    日本時間 午後2時~

    ワークショップ用の日本語での質問は、事前にこちらで受け付けてます。

    keshejapan@gmail.com

    • URLは追ってお知らせします。
     
  • danielbroc 11:42 pm on January 21, 2014 Permalink | Reply  

    15:41 20140121 test post by Dan 

    This is a test.

     
  • lightkarasu 2:08 am on January 21, 2014 Permalink | Reply
    Tags: 2014 01 08 スペースシップ研究所の第一期研究生の日本人齋藤由佳子さんをご紹介します。   

    2014 01 08 スペースシップ研究所の第一期研究生の日本人齋藤由佳子さんをご紹介します。 

    「庶民の見方」池田知寿子

    素晴らしいお知らせがあります。

    2月から始まるスペースシップ研究所の第一期研究生に日本人の方がいる事が明らかになりました。お名前は齋藤由佳子さんで、今月30日の第一回目の福島の除染プロジェクトである、ワークショップの通訳も彼女がして下さるそうです。これから財団で学ぶケッシュ・テクノロジーを広く日本へ伝える役割も担う方です。

    以下彼女からのメッセージを掲載いたします。

    2月よりケッシュ財団研究所にて、財団の持つ技術を日本へ広めていくために

    研究者として就任いたします齋藤由佳子と申します。

    イタリアでケッシェ技術を知り、放射能汚染による日本と日本の食の安全が

    至上命題と感じ、この技術を広め日本の子供達を守る取り組みに

    皆さんと力を合わせて全力で取り組んでいきたいと思っております。

    私は食糧問題の研究者として採用されており、放射線にまつわる科学的知識に

    関しては幅広くご専門の方々と議論を重ね、その実用に取り組んで行きたいと思っております。

    ケッシェ博士の技術は人類への最大の贈り物です。この宝物を

    日本の皆さんの健康と幸せを守るために存分に分かち合いましょう。

    30日のワークショップの事前の質問を日本語でお寄せになりたい方は

    下記のメールアドレスまで。

    keshejapan@gmail.com

    ケッシュ支援者ネットワーク日本ーホームに戻る

     
  • lightkarasu 8:22 am on January 19, 2014 Permalink | Reply
    Tags: January 18 / 2014 テクノロジーは今年、世界の社会構造に影響をおよぼす   

    January 18 / 2014 テクノロジーは今年、世界の社会構造に影響をおよぼす 

    テクノロジーは今年、世界の社会構造に影響をおよぼす

    元記事:MT Keshe replied to Give the Cesium back to the plant in Fukushima 01-18-2014

    スレッド:原発のプラント内にセシウムを送り返す へのケッシュ氏の投稿 
    2014年1月18日付

    Suzanneの投稿に答えて 

    「私は怒り狂って、もうこれ以上どうしたらいいのか判らないわ!」 

    (科学者が報酬を受けて言いなりになっていること、大企業が世界をメチャクチャにしている事などに対して)

    困難な時には冷静を保つのが成功と発展の秘訣だよ。

    私は3度国外に追放され、2度暗殺を企てられ、2度監禁された。国王に彼の王国から立ち去るようにと告げられ、私たちは多くの政府から様々な脅迫を受けてきた。そして、この星で最強の力をもつ男は、彼の国で最も優秀な科学者たちが、私に教えて欲しいと頼んでいるのに、彼の土地に私が行って人々に教えることを望まない。

    それでもここまで来れたのは、私たちの行いが正しいからだ。それだけでなく、敵対する者たちのことを尊重し、更に私たちに酷い扱いをした者たちも尊重しているからだ。

    私たちは対抗してくる人たちさえも尊重する。

    私たちを脅かした国王はもういない。私たちが国を去った数ヶ月後には退位しなければならなった。追放を命じた男はすでに公務を去り、国内ニュースが報道している様にじきに投獄される。時が来れば残りの者もそうなる。

    しかしながら、人々によって投票により選ばれた政府に対し私たちは敬意を払う。

    すべての情報をいっぺんに公開することは出来る。だがそれでは更に問題が起きる。

    あなた方は欲深い人たちがいることを知らない。彼らのお粗末な力で私たちのテクノロジーを無理やり握り潰せると思っている人たちが、あらゆる偽装の元に、財団の支援者として近づき、威圧して来たり、他のことをするのを毎日私たちは見ている。

    だから:私たちのやり方でやらせて欲しい、そうすればじきに成し遂げる事ができる。

    このテクノロジーはネジやエンジンではない。このテクノロジーは、今年、日を追うごとに、月を追うごとに、世界の社会構造にあらゆるレベルで影響を及ぼす。医療、食料、環境、エネルギー、宇宙、そして他の多くの事にだ。

    誰もみな自分に興味のある分野に関心を示すが、一旦テクノロジーが総合的に公開されれば、一気にすべてに影響を及ぼす。

    来年の今頃には、私たちは僅かづつ仕事を成したことを、ある程度の人々が理解しているだろう。

    皆さんがこのテクノロジーから得るもので、人類に貢献することを切に願っている。

    人々がみな総合的に正しく利用すれば、軍もこのテクノロジーに追従するので、軍隊による乱用や、軍による使用を怖れることはない。

    世界平和の確立と新しい社会の発展を可能にし、その環境を築くという約束は、大部分はその威力を解ってない多くの人々により、確実に果たされる事となった。

    これら新しいテクノロジーの発展と提供により、平和な宇宙に人類を送り出すことは、私たちが責任を持って引き受け、それを誓った。すべての約束と執行は、彼らの命が尽きるまで忠誠に果たされるであろう。

    和訳:「庶民の見方」サニー

    ケッシュ支援者ネットワーク日本ーホームに戻る

     
  • lightkarasu 8:06 am on January 19, 2014 Permalink | Reply
    Tags: January 18 / 2014 除染のライブ・ワークショップは日本語に訳して配信   

    January 18/2014 除染のライブ・ワークショップは日本語に訳して配信 

    除染のライブ・ワークショップは日本語に訳して配信

    Keshe Foundation ホームページ / フォーラム / ケッシュ財団 (ブログのトップページ)

    元記事: MT Keshe replied to 9th Keshe Public Teaching Workshop 01-18-2014

    スレッド:第9回ワークショップ へのケッシュ氏の投稿 
    2014年1月18日付

    このワークショップは、日本の福島のコミュニティに捧げる(専念する)。

    すべてうまく行けば、このセッションの全過程は一語一語ライブで日本語に訳される、という合意を得てる。

    もし許可が得られ、準備が整えられれば、東京から二人の科学者もライブで加わるかもしれない。

    日本人で質問をしたい方は、日本語で第9回ワークショップとすべてのワークショップの準備をしているRICK 宛に送って欲しい。

    セッションに間に合うよう、これらは事前に翻訳者に送られ、セッション中に答えられるようにする。

    このセッションでは、日本、中国、それと北アメリカの方たちの質問に優先的に答えるようにする。

    引用はここまで
    ………………………………………………………………………………………….
    今のところ、第9回ワークショップの日程は2014年1月30日(木)
    イタリア時間の6:00am (日本時間 同日2:00pm) で、URLは後日発表。

    日本語での質問は、直接こちらのアドレスでも受け付けています。keshequestions@gmail.com

    和訳:「庶民の見方」サニー

    ケッシュ支援者ネットワーク日本ーホームに戻る

     
  • lightkarasu 2:29 am on January 19, 2014 Permalink | Reply
    Tags: January 15/2014原子炉技術の視点から見た地下核爆発   

    January 15/2014原子炉技術の視点から見た地下核爆発 

    2014/01/15
    Ahchooによるフォーラムからの質問:

    THIS IF TRUE IS INDEED VERY BAD NEWS:

    これが、真実ならば、非常に悪いニュースであることは確かです

    “世界に衝撃を与え廃炉になった日本原子力プラントの地下核爆発”

    元記事:テヘラン(FNA)は – ロシア大統領府から発行された勅令は、地下核爆発のシリーズは12月31日に日本の福島第一Aomic工場で発生したと述べた。
    元記事:english.farsnews.com/newstext…13921014000267

    01-15-2014, 03:25 PM

    Ahchooの最後のエントリから見えてくるもの、これは、この事故に隠されているより多くの開発があることを示しています。

    核実験のようなメルトダウン後の地下爆発の種類とタイプは、核工業炉心溶解(メルトダウン)マニュアル・ブック中の基準を知っているが、経験してきたことはない。

    即時の警戒の必要はありません。しかし、これは非常によいニュースです。

    私は、これらの地下爆発が原子炉技術の視点から見て何を意味するか説明します。

    コア(炉心)のメルトダウンした後、ほとんどの場合、何が起こるか、私たちは、燃料や独自の材料、および格納容器建屋の周囲の材料による燃料ケースの創成と堆積された燃料の結晶化を期待しています。 この創成は、原子炉格納容器の建物の底にある溶融核燃料のガラス封じ込めに似てます。 

    生成された高温により、核燃料はコンクリートやそれらの鋼棒さえ溶かします。、および、陶磁器タイプの材料を創出します。

    これはまさに砂からガラスを作るようなものです。

    しかしながら熱量が蓄積した核燃料は、ガラス固形さえトップサイドではなく燃料の地球側から溶けます。

    その後、核燃料が溶けて、それ自体が地面の中をより深く掘下げる、と予想されます。

    そのときそのポイントで燃料棒からの核物質の再蓄積によってどこかに、十分な材料は集められます。また、核物質の臨界量が達成され、地下爆発試験のような核追放が生じるという条件が作成されます。

    福島事故の後の2年9か月におよぶ臨界量の期間は、私たちに優れた尺度を与える.原子核崩壊、および、最初の炉心溶解によってリリースされ移動している燃料の量。

    ロシアの友人から報告され、これらの地下爆発がニュースになって、ネット上でこの事故を中心に構築されてきた陰謀論ではなく、実際は自然災害であったと教えられた。

    これらのタイプの爆発の理由は、核兵器技術の核科学者や専門家によく知られている。

    各地下爆発の間の時間とのギャップを手に入れることができれば、これは私達にどのように材料が溶融され、それが地球のマントルに遭遇している土壌の種類がどのようであるのか良い指標を与える。

    沈下のこのプロセスは、重力がベースにあるからで、その他の理由によるものではない。

    ロシア政府によるこのレポートは、正しいことで、これは、福島のために非常に良いニュースです。

    この報告書で、初めて、チャイナシンドロームのプロセスを確認することができます。

    メルトダウンした燃料棒の核物質が、地球のマグマの溶融している方行に向かっているし、もしそれらが、この位置に到達した場合、核物質の量が、溶融しているラバに比べて、極少量でその全体の中にすぐに消滅してしまう、だから、私たちは、安全である。

    核物理学者はそのような可能性を知っていたとして、この分野での地震や核爆発のこれらのレポートは、私たちのように公表されなければならず、これが正しいとした場合、今、フォーラム上の誰もが、この地域の地下爆発として地震時間及びその強度を確認する事ができます。これは我々が以前よりもはるかに安全であることを意味します。

    私の推定では、マグマに達するまでに、少なくとも、あと20回あのような地下爆発がある。

    これはTEPCOにとって良いニュースです。

    我々はそのようなニュースをリリースしてくれた、ロシア政府に感謝する必要があります。

    その理論は全くサポートされていませんでした。しかし報告書が正しい場合、今、この事故によるチャイナ.シンドロームが確認されます。

    次に起こることは、材料(訳者注:メルトダウンした燃料棒/その他の物質)が加熱して結晶化するとことです、熱は生成されて、非常に高く陶磁器になるので、水晶さえ溶かします、それで、材料はより下に溶けて行き、凝固し、、ガラス化した後、核爆発と、その後のサイクルが繰り返されます。

    福島駅は火災ベルト上にあり、既に地球のマントルはこの分野で薄いと同様に、その後の地下核爆発による地震のプロセスは、原子炉1号の燃料棒と原子炉2号の燃料棒がマグマに達するまであと約20回繰り返す必要があります。

    しかし、溶融放射性物質が大量に一回でマグマに達した場合、これは上向きの力が二次爆発を起こすことができる巨大な地下爆発を発生させ、マントルの開放につながるかもしれないという可能性とマグマが福島の地表面にリリースされ、火山噴火の創出にに繋がる小さい可能性があります。

    そこにこれが起る確率は非常に小さいのですが、まだ可能性があります。

    物質がマグマの高速に沈む場合は、液体状のマグマは力のほとんどを吸収し、危険はありません。

    私たちは、未知の領域に入るが、非常に魅力的な時代です。

    我々は、宇宙用原子炉緊急停止でこれを検討している、また、結果は何でありえるか確かめることは良いことです。

    しかし、この爆発は、これが疑問だった1点、事故が2011年3月に起った時に原子炉1号または2号は、濃縮されたプルトニウムの物質を大量に含んでいたことを確認している。

    東京電力は、プルトニウムを多く含むこれらの原子炉の理由は、過去2年間で十分に文書化されてリリースしてきましたし、見過ごされてきたか今まで確認できなかった。

    問題は、なぜ東京電力が国際法に抗してこのプラント内にプルトニウムを運んでいるのかということです。私はケリーキャシディのインタビューで言ったように、これは私の疑いを確認した。

    我々は、関係当局からこれに関する詳細な質問をすることを、東京電力、IAEAとアメリカ政府に承諾してもらう必要があります。

    一部のプルトニウムがメルトダウンで生産されているかもしれません、しかし、すぐに爆発した後に、これがこの問題でより多くの隠れた問題があることを示しており、なぜ核燃料がが今回のように、
    メルトダウンの最初の瞬間でこのような爆発を見たかは、20%の濃縮度にわたるプルトニウムの混合物に多量の濃縮ウランがあった場合には、核燃料は全く異なるので説明がつきます。

    それらがいつか行う場合、私たちは答えるべき権限に、このポイントを任せる。

    我々は、この福島事故のためのソリューションを支援するために此処にいて、今私たちチャイナ.シンドロームが起った進行状況からより多くのことを学びました。

    M.T.Keshe

    和訳:Yuzo Nakano

    ケッシュ支援者ネットワーク日本ーホームに戻る

     
  • lightkarasu 2:49 am on January 18, 2014 Permalink | Reply
    Tags: January 17 / 2014 「放射能は安全!」ビデオの投稿あり   

    January 17 / 2014 「放射能は安全!」ビデオの投稿あり 

    「放射能は安全!」ビデオの投稿あり
    Keshe Foundation ホームページ / フォーラム / ケッシュ財団 (ブログのトップページ)

    元記事:MT Keshe replied to Give the Cesium back to the plant in Fukushima 01-17-2014

    スレッド:原発のプラント内にセシウムを送り返す へのケッシュ氏の投稿 
    2014年1月17日付

    投稿されたこれらのビデオの興味深い点は、ビデオの1つの4分辺りで、これらを知らなかった母親たちが、牛乳が汚染されていることを知らずに子供たちに与え、子供たちが癌になった、と言っていることだ。

    疑問点は!チェルノブイリ付近で事故のことを知らなかった人がいただろうか?6500人の母親たちが、事故が起きたことを知らずに子供たちに汚染された牛乳を長期間与え続けたために、癌になったという。

    そんなことがあり得るだろうか? これは、でまかせではないのか。

    次に、ビデオ中のイギリスのアドバイザー両者は、十中八九イギリス政府へのアドバイザーでもあるのではないか?

    彼らは何故イギリス政府にすべて大丈夫と報告できないのに、チェルノブイリからの汚染で閉鎖後の、ブリテン諸島ノース・ウェールズの100以上の農家に土地を返して農業を再開できると許可を与えたのか?約30年たった今でも高レベルの放射性の活動が示されている。

    第二の疑問は、すべて大丈夫だったのであれば、何故TEPCO は1000以上ものタンクを作り、敷地内のこれらタンクの水は、多かれ少なかれ家庭にも安全だとして、今も毎日、1ユニットづつ増やし続けているのか。これらの専門家が言うようにすべてはメディアによるごまかしだ。

    日本政府は、ビデオの専門家の国際的アドバイザーと同じデータを持って、汚染水を海に直接流してしまうべきだという。

    世界の政府は、これら専門家に給与を支払っているのだろう。福島の(原発事故の)ことを知らなかった母親たちが、日本政府にすべては大丈夫だから、お金と時間を費やしてタンクを作って、これらの水を集めたり、周辺の農家の土壌を剥ぎ取ることはないとアドバイスを与えるようなものだ。

    これらは、雇われた専門家だ。事実と可能性を通してではなく、報酬セットを通じて話をしている。

    リアクターの屋内に入らない限り、または周辺の牛の牛乳や母親らの母乳を飲まない限り安全だというなら、何故作業場周辺でみな防護服を身に付ける必要があるのか。

    私はこれらの専門家に提案がある。イギリスにあるあなたの家を福島の方たちに与えて、あなた方の家族と一緒に一年間福島に移り住んだらどうだろう。

    そうすれば、どの専門家エキスパートが自ら進んで行くかわかる。

    もう一つのビデオで、男性が土埃を口にしている。彼は友人と新しい核リアクターを造って商業化する、と言っているのに気が付いただろうか。

    それでは疑問が湧くし、答えは明確だ。なぜ彼は自分のことや核物質は安全だと宣伝しているのか、彼が徐々にテープの中で言うように、彼は、核エネルギーシステムを友人と一緒に造り、じきに市場で売ろうとしているからだ。

    よって彼にとっての安全は、彼の原子力システムを商業化できることだ。

    核の放射能は私たちの構造の一部だ。いつも言ってるように、ビタミンB類はその構造の本質を理解するなら、多かれ少なかれ放射能をべースにしている。人間の体は細胞分裂のために、それを必要とし、人間の体に不可欠な部分でもある。

    しかし、誤った摂取量が吸収され、正常な細胞が放射能を吸収すると突然変異が始まる。すると、体が慣れていない新しい細胞が作られ、それが癌細胞と呼ばれるものだ。

    癌細胞と私たちは呼んでいるが、将来これらの癌細胞の研究をすれば、これらが人の生命をいかに支えているのかを学ぶかもしれない。環境内で運動している磁場重力場 (Magravs) の吸収の増加による突然変異を止める方法さえ、学べるかもしれない。

    正しい理解とそれにふさわしい応用で、知識は適切な人間が使えば財産であり、宇宙で存続するための道具となる。

    引用はここまで
    —————————————————————————————-
    投稿されたビデオ:日本では、専門家(権威者)の管理が行き届いているので、福島周辺や事故現場の作業員に放射能による健康被害が及ぶ事はない、と科学者の見解をまとめている。原発事故の影響は、メディアにより誇張されていて、科学者、産業界、政府は原発事故による危険神話を払拭するために、一層努力するべきである。原子力は21世紀のエネルギー需要を担う偉大な可能性があり、それを生かすには、放射能を人々がいかに理解するかにかかっていると結論つけている。
    https://www.youtube.com/watch?v=qaEKfPlCL_4

    もう一方のビデオは削除済み(?)のようです。

    和訳:「庶民の見方」サニー

    ケッシュ支援者ネットワーク日本ーホームに戻る

     
c
Compose new post
j
Next post/Next comment
k
Previous post/Previous comment
r
Reply
e
Edit
o
Show/Hide comments
t
Go to top
l
Go to login
h
Show/Hide help
shift + esc
Cancel