January 15/2014原子炉技術の視点から見た地下核爆発

2014/01/15
Ahchooによるフォーラムからの質問:

THIS IF TRUE IS INDEED VERY BAD NEWS:

これが、真実ならば、非常に悪いニュースであることは確かです

“世界に衝撃を与え廃炉になった日本原子力プラントの地下核爆発”

元記事:テヘラン(FNA)は – ロシア大統領府から発行された勅令は、地下核爆発のシリーズは12月31日に日本の福島第一Aomic工場で発生したと述べた。
元記事:english.farsnews.com/newstext…13921014000267

01-15-2014, 03:25 PM

Ahchooの最後のエントリから見えてくるもの、これは、この事故に隠されているより多くの開発があることを示しています。

核実験のようなメルトダウン後の地下爆発の種類とタイプは、核工業炉心溶解(メルトダウン)マニュアル・ブック中の基準を知っているが、経験してきたことはない。

即時の警戒の必要はありません。しかし、これは非常によいニュースです。

私は、これらの地下爆発が原子炉技術の視点から見て何を意味するか説明します。

コア(炉心)のメルトダウンした後、ほとんどの場合、何が起こるか、私たちは、燃料や独自の材料、および格納容器建屋の周囲の材料による燃料ケースの創成と堆積された燃料の結晶化を期待しています。 この創成は、原子炉格納容器の建物の底にある溶融核燃料のガラス封じ込めに似てます。 

生成された高温により、核燃料はコンクリートやそれらの鋼棒さえ溶かします。、および、陶磁器タイプの材料を創出します。

これはまさに砂からガラスを作るようなものです。

しかしながら熱量が蓄積した核燃料は、ガラス固形さえトップサイドではなく燃料の地球側から溶けます。

その後、核燃料が溶けて、それ自体が地面の中をより深く掘下げる、と予想されます。

そのときそのポイントで燃料棒からの核物質の再蓄積によってどこかに、十分な材料は集められます。また、核物質の臨界量が達成され、地下爆発試験のような核追放が生じるという条件が作成されます。

福島事故の後の2年9か月におよぶ臨界量の期間は、私たちに優れた尺度を与える.原子核崩壊、および、最初の炉心溶解によってリリースされ移動している燃料の量。

ロシアの友人から報告され、これらの地下爆発がニュースになって、ネット上でこの事故を中心に構築されてきた陰謀論ではなく、実際は自然災害であったと教えられた。

これらのタイプの爆発の理由は、核兵器技術の核科学者や専門家によく知られている。

各地下爆発の間の時間とのギャップを手に入れることができれば、これは私達にどのように材料が溶融され、それが地球のマントルに遭遇している土壌の種類がどのようであるのか良い指標を与える。

沈下のこのプロセスは、重力がベースにあるからで、その他の理由によるものではない。

ロシア政府によるこのレポートは、正しいことで、これは、福島のために非常に良いニュースです。

この報告書で、初めて、チャイナシンドロームのプロセスを確認することができます。

メルトダウンした燃料棒の核物質が、地球のマグマの溶融している方行に向かっているし、もしそれらが、この位置に到達した場合、核物質の量が、溶融しているラバに比べて、極少量でその全体の中にすぐに消滅してしまう、だから、私たちは、安全である。

核物理学者はそのような可能性を知っていたとして、この分野での地震や核爆発のこれらのレポートは、私たちのように公表されなければならず、これが正しいとした場合、今、フォーラム上の誰もが、この地域の地下爆発として地震時間及びその強度を確認する事ができます。これは我々が以前よりもはるかに安全であることを意味します。

私の推定では、マグマに達するまでに、少なくとも、あと20回あのような地下爆発がある。

これはTEPCOにとって良いニュースです。

我々はそのようなニュースをリリースしてくれた、ロシア政府に感謝する必要があります。

その理論は全くサポートされていませんでした。しかし報告書が正しい場合、今、この事故によるチャイナ.シンドロームが確認されます。

次に起こることは、材料(訳者注:メルトダウンした燃料棒/その他の物質)が加熱して結晶化するとことです、熱は生成されて、非常に高く陶磁器になるので、水晶さえ溶かします、それで、材料はより下に溶けて行き、凝固し、、ガラス化した後、核爆発と、その後のサイクルが繰り返されます。

福島駅は火災ベルト上にあり、既に地球のマントルはこの分野で薄いと同様に、その後の地下核爆発による地震のプロセスは、原子炉1号の燃料棒と原子炉2号の燃料棒がマグマに達するまであと約20回繰り返す必要があります。

しかし、溶融放射性物質が大量に一回でマグマに達した場合、これは上向きの力が二次爆発を起こすことができる巨大な地下爆発を発生させ、マントルの開放につながるかもしれないという可能性とマグマが福島の地表面にリリースされ、火山噴火の創出にに繋がる小さい可能性があります。

そこにこれが起る確率は非常に小さいのですが、まだ可能性があります。

物質がマグマの高速に沈む場合は、液体状のマグマは力のほとんどを吸収し、危険はありません。

私たちは、未知の領域に入るが、非常に魅力的な時代です。

我々は、宇宙用原子炉緊急停止でこれを検討している、また、結果は何でありえるか確かめることは良いことです。

しかし、この爆発は、これが疑問だった1点、事故が2011年3月に起った時に原子炉1号または2号は、濃縮されたプルトニウムの物質を大量に含んでいたことを確認している。

東京電力は、プルトニウムを多く含むこれらの原子炉の理由は、過去2年間で十分に文書化されてリリースしてきましたし、見過ごされてきたか今まで確認できなかった。

問題は、なぜ東京電力が国際法に抗してこのプラント内にプルトニウムを運んでいるのかということです。私はケリーキャシディのインタビューで言ったように、これは私の疑いを確認した。

我々は、関係当局からこれに関する詳細な質問をすることを、東京電力、IAEAとアメリカ政府に承諾してもらう必要があります。

一部のプルトニウムがメルトダウンで生産されているかもしれません、しかし、すぐに爆発した後に、これがこの問題でより多くの隠れた問題があることを示しており、なぜ核燃料がが今回のように、
メルトダウンの最初の瞬間でこのような爆発を見たかは、20%の濃縮度にわたるプルトニウムの混合物に多量の濃縮ウランがあった場合には、核燃料は全く異なるので説明がつきます。

それらがいつか行う場合、私たちは答えるべき権限に、このポイントを任せる。

我々は、この福島事故のためのソリューションを支援するために此処にいて、今私たちチャイナ.シンドロームが起った進行状況からより多くのことを学びました。

M.T.Keshe

和訳:Yuzo Nakano

ケッシュ支援者ネットワーク日本ーホームに戻る

Advertisements